【感想】ウルトラマンZ第21話を視聴して

ウルトラマンZ
画像出典:円谷プロHPより

人類の永遠の課題ですねぇ

地球防衛軍の、ストレイジの戦力で怪獣を倒しているというよりはウルトラマンが倒しているという判断は間違ってはいないんですよね。

そもそもウルトラマンZというウルトラマンという存在自体が不確定要素であるという主張も間違ってはいないんですよね。

今のストレイジのメイン戦力であるキングジョーも、ウルトラマンZの戦闘ありきで入手した賜物を、偶然にも優秀なメカニックと優秀な解析士がいたから扱えているのが現状。

そのような意味では、たとえ危険なものであっても戦力の増強を考えるのは当たり前の解釈のような気がします。

ただ地球防衛軍の大きな誤算というか、大きな勘違いというか……
なんと表現していいか分かりませんが、なんとか言葉にします。

今回の作中で「D4」をキングジョーに搭載するという判断は間違っていないのでしょうが、現状の戦力を持ってして、ウルトラマンの力で手に入れたキングジョーを持ってなんとか扱えるレベルなんですよね。

そのキングジョーも「D4」で壊れるという……

キングジョーレベルで重症ということは、今後D4があったとしても、それを扱う機体は使い捨て。

それは同時に、パイロットも使い捨てになる可能性を秘めています。
しかも使うたびに時空が裂ける。

グリーザとかヤプールがもう一度出てきても文句は言えないレベルのことをやらかすことになるんです。

自分たちを守るには大きな力が必要な場面がある。
しかしその力は他の何かを犠牲にしなければならない場面がある。

この武器のあり方というのは、人類の永遠の課題と言えるでしょう。

ウルトラセブンの言葉を引用するならば

血を吐きながら続けるマラソン

そのものでしょう。

ウルトラマンZ-DXキングジョー-ストレイジカスタム

前半と後半で様子がおかしいとは言え……

物語の前半と後半でクリヤマ長官の様子がおかしいんですよ。

物語冒頭では兵器のことを胃を痛めながら話しているのにも関わらず、後半では胃痛などどこへやらと言った様子で淡々とD4の使用を命令しています。

この間にあったことといえば、セレブロに寄生された隊員とすれ違ったこと。
これはセレブロに規制されたか、操られたと考えるのが妥当でしょう。

しかし、物語冒頭ですでにD4は完成してしまっているわけで、実験映像からも明らかに危険な点があることは確認できているわけです。

今までの傾向で言えば、地球そのものに危険をもたらす兵器の導入を進めなかったのに、どうして今になっていきなりこんなことを言い出したのか。

一歩間違えば地球を滅ぼしかねないD4を完成へと導いた何者かがいると見るのが妥当なのではと思います。

これは、カブラギから離れたセレブロがなんとか防衛軍にたどり着いて悪さをしたか、自分の能力で操っていると考えるのが妥当なんでしょうけど、どうしても気になる人がいるわけで……

ユウキマイとは何者なのか

いや、本当にそいつ誰だよと言いたくなるでしょう。
私も調べるまで名前わかりませんでしたから。

ユウキマイなる人物は地球防衛軍に所属する人物であり、『D4』をキングジョーに搭載する際にバコさんと言い合いをしたり、最後の方でウルトラマンの力を……と言った不穏なことを言っていた女性です。

彼女のあの不気味とも言える発言には、かなりの恐怖を感じました。

長らくウルトラマンシリーズから離れていた人やウルトラマンネクサス(ウルトラマンノア)未視聴の方には分かりにくい一見かもしれませんが、別の宇宙にて、ダークザギという失敗が起こっているんです。

ウルトラマンノア(ウルトラマンネクサス)の力を人工的に生み出そうとし、そして失敗作として生まれてしまったダークザギは、劇中ではスペースビーストを呼び出したり、デュナミスト(ネクサスと一体化した者)を狙ったりと、人類や地球にとっての敵となっています。

今作のウルトラマンのウインダムがカプセル怪獣ではなくロボットになっているように、ウルトラマンの模造品が作られたとしても、それはロボットでしょう。

しかしウルトラマンの力を人工的に再現するとなると、それは扱いきれないものが出来上がるだけです。

もちろん、D4の影響による時空の歪みを光線で無理やり押し返して防ぐという荒技ができるのは魅力的ですが……。

彼女は今まで何を見ていたのか

地球防衛軍がストレイジに対して予算云々言っていたり、D4のような兵器開発実験をしていることから、地球防衛軍自体も防衛活動をしていることは確かでしょう。

その過程で地球でどのような怪獣が出現しただとか、ストレイジの成果についてだったりの情報が地球防衛軍に上がっているはずです。

そしてその情報の中にウルトラマンZの情報も含まれていて当たり前の話なのですが。
そもそもクリヤマ長官は地球防衛軍所属であり、ストレイジと防衛軍を繋ぐ役割を果たしていて云々カンヌン。

クリヤマ長官はウルトラマンZについて知っているはずで、間違いなくその情報は地球防衛軍に渡っているはず。

そもそもその情報があったから、D4の開発を進めたのではと思います。

しかし『ユウキマイ』はD4の取り付けを指揮するくらいには偉い役割を持っていて、クリヤマ長官の演説の隣に立つくらいには偉い人物のはず。

そんな彼女が今までウルトラマンZの情報を知らないはずはなく、実際に動くウルトラマンZを見て初めて力をものにしたいと思うレベルに達したと言えばそれまでなのですが、それにしては不自然なくらいに彼女がウルトラマンZについてのみ詳しくなさすぎる。

キングジョーについては取り付け指示ができるくらいに詳しいはずで、それならばキングジョーの入手過程も知っているはずで……。

彼女は本当に人間なのか怪しくなるレベルでおかしいのも確かでしょうが、地球防衛軍内でも、確実にウルトラマンZに対して情報統制をしているのは確かなはずなんですよね(あくまでも予想です)。

まとめ

今回はウルトラマンZ第21話を見た感想や思いについて簡単に……いや、長々と書き記しました。

だんだんと不穏な空気が漂ってきたウルトラマンZ。
過去のウルトラマンシリーズと同じ過ちを繰り返さなければいいのですが……




『久遠綾乃』公式 Twitterもよろしくお願いします

『久遠綾乃』公式 Twitter(@STaketatu)も絶賛更新中です。

『久遠綾乃のあっやの〜ん♪ Ver.2.0』の更新情報や、たまにですが綾乃さんの個人的な呟きもあります。

ぜひTwitterをフォローして、更新情報や呟きをチェックしてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました