【感想・考察】『ランウェイで笑って』193着目:ランウェイで笑って

マンガ紹介・感想や考察
画像出典:TVアニメ ランウェイで笑って公式HP

『ランウェイで笑って』193着目:わたしね

それではさっそく、2021年7月7日発売の週刊少年マガジン32号に掲載された『ランウェイで笑って』の193着目『ランウェイで笑って』の感想や考察を語りたいと思います。

お手元に漫画を準備して読みながら見ていただくと、私はこう思う、これはこうだろうなぁなど、よりこのブログを楽しめるかと思います。

サイト内検索

『ランウェイで笑って』の他の考察・感想記事やその他の作品の感想・考察記事、漫画の情報などを検索することができます。

前回の感想・考察はこちらから

【感想・考察】『ランウェイで笑って』192着目:わたしね
2021年6月30日(水)発売の週刊少年マガジン2021年31号に収録された『ランウェイで笑って』192着目:わたしねの感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。

193着目『ランウェイで笑って』感想

まずは193着目『ランウェイで笑って』の物語に触れつつ、感想を語ります。

あの時から優秀だった

育人のデザインした渾身の衣装を見に纏い、ランウェイを歩く千雪。
その姿を見た北谷は、そいつが欲しかったんだと叫ぶ。

研二は目を潤ませながら、オリヴィアに自分の小物の方が優れているとと言われた日のことを考えていた。

まだ言ってはいけないと必死に自分の心を押さえながら。
あの時みたいに感情的になって、あれが自分の娘だと言ってはいけないと。

そんな研二にオリヴィアが語りかける。

「ショー、初めから見ていたのよね?手短に説明して」

そう言ったオリヴィアに研二は説明していく。

このショーの表しているのは人生だと。
2組1対で人が生きていく上で歩む出会いと関係を描いたショーであると。

研二の説明を聞いたオリヴィアは、それでシャルと…と口にした後に、宿敵を表していると気がついた。

そして研二に今からAホールに移ることができるかを聞いた。
その言葉を聞いた研二は、目を見開いた。

『人のためのデザイン』

育人はデザイナーとしてその道を選んだのだ。

それを怖いと思う者もいる。

人のために作るということは、人本来の逞しさでもある。
人そのものの美を追求する。
そんなことができてしまうのなら、人は流行よりも育人のブランドを選んでしまうかもしれないと。

人が美しく見える服。
それは最も普遍的で、最も魅力的に映る。

ああ、こんなことならシャルの出演を止めて置くべきだったと、シャル側の人間は考える。

柳田は、育人が千雪のために作った服が負けるわけがないと口にする。

そしてAホールで二人が並ぶランウェイを見たオリヴィアは、研二に言った。

いつの日だったが、シャルを差し置いて紹介したいモデルがいると言われたことを。

「あのときから貴方は優秀だったのね」

オリヴィアの言葉を聞いた研二は、さらに目を潤ませ、涙を流す直前まできた。


オリヴィアに自分が優秀だと認められたということは、研二にとっては千雪を褒められたも同然。

ありがとね

ランウェイに並んだ千雪とシャル。

千雪はシャルに、パパを心配してくれてありがとうと言った。

ショーが終わると、育人が表に出る。
育人には無数の拍手が、歓迎の拍手が浴びせられる。

みんな笑ってばかりのおかしなショー。
そこで拍手が起きた。
異質なデザイナーと異質なモデル。

このショーによって、ファッション界の常識の分岐点になるのではないかと考える者もいた。

常識であり続けるのか、変わるのか。

千雪と育人が本当の意味で世界中に認められる加賀、これからのファッション界を左右する。
そんな気がする。

その言葉を聞いた北谷は、なら変わるだろうと言い切った。
なぜなら自分がその二人を使って映画を発表するのだからと。

評価されないわけがないと。

『Smile at the Runway』

そして映画のタイトルが決まったのだった。


ついに二人がファッション業界の中心に来る時がきた!?


スポンサーリンク





193着目:ランウェイで笑っての考察

物語に触れ、感想を紹介した次は、193着目:ランウェイで笑っての考察をしていきます。

二人の夢がついに

千雪がオリヴィアに認められ、育人が評価され、ついにファッション業界の中心に立つチャンスがやってきた。

ショーは成功に終わった。

映画の名前が、英題ではありますが、まさにランウェイで笑ってと決まった。

次回はいよいよ最終回ですが、そこでは、おそらくパリへ立つ様子が描かれるのではないでしょうか?

というか、描かれていて欲しい!


スポンサーリンク





関連記事

【感想・考察】『ランウェイで笑って』最終話:これは2人の物語
2021年7月14日(水)発売の週刊少年マガジン2021年33号に収録された『ランウェイで笑って』最終話:ランウェイで笑っての感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。
【感想・考察】『ランウェイで笑って』193着目:ランウェイで笑って
2021年7月7日(水)発売の週刊少年マガジン2021年32号に収録された『ランウェイで笑って』193着目:ランウェイで笑っての感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。
【感想・考察】『ランウェイで笑って』192着目:わたしね
2021年6月30日(水)発売の週刊少年マガジン2021年31号に収録された『ランウェイで笑って』192着目:わたしねの感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。
【感想・考察】『ランウェイで笑って』191着目:主役
2021年6月23日(水)発売の週刊少年マガジン2021年30号に収録された『ランウェイで笑って』191着目:主役の感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。
【感想・考察】『ランウェイで笑って』190着目:約束守らないと
2021年6月16日(水)発売の週刊少年マガジン2021年29号に収録された『ランウェイで笑って』190着目:約束守らないとの感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。

スポンサーリンク





感想・考察記事

【感想・考察】『彼女、お借りします』満足度197:楽園と彼女⑩
2021年7月21日(水)発売の週刊少年マガジン2021年34号に収録された『彼女、お借りします』満足度197:楽園と彼女⑩の感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。
【感想・考察】パラレルパラダイス 第160話:when you witch upon a star
2021年7月19日(月)発売の週刊ヤングマガジン2021年34号に収録された『パラレルパラダイス』第160話:when you witch upon astarの感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。
【感想・考察】『ランウェイで笑って』最終話:これは2人の物語
2021年7月14日(水)発売の週刊少年マガジン2021年33号に収録された『ランウェイで笑って』最終話:ランウェイで笑っての感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。
【感想・考察】『彼女、お借りします』満足度196:楽園と彼女⑨
2021年7月14日(水)発売の週刊少年マガジン2021年33号に収録された『彼女、お借りします』満足度196:楽園と彼女⑨の感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。
【感想・考察】『ランウェイで笑って』193着目:ランウェイで笑って
2021年7月7日(水)発売の週刊少年マガジン2021年32号に収録された『ランウェイで笑って』193着目:ランウェイで笑っての感想や考察みたいなものを語っています。みなさんもお手元に漫画をご用意していただくと、より楽しめるかと思います。

まとめ

今回は2021年7月7日発売の週刊少年マガジン32号に掲載された『ランウェイで笑って』の第193着目『ランウェイで笑って』の感想や考察を語りました。

みなさんは今回のお話を読んだ時にどう思いましたか?
ぜひコメント欄などで感想を教えていただけると、嬉しいです。


スポンサーリンク





久遠綾乃公式Twitter




最新刊の購入

『ランウェイで笑って』の最新刊21巻は以下のアフェリエイトリンクより購入可能です。

紙版

電子版

『久遠綾乃』公式 Twitterもよろしくお願いします

『久遠綾乃』公式 Twitter(@STaketatu)も絶賛更新中です。

『久遠綾乃のあっやの〜ん♪ Ver.2.0』の更新情報や、たまにですが綾乃さんの個人的な呟きもあります。

ぜひTwitterをフォローして、更新情報や呟きをチェックしてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました