【感想・考察】『彼女、お借りします』第169話:温泉と仮カノ

マンガ紹介・感想や考察
画像出典:TVアニメ 彼女、お借りします 公式ページより

『彼女、お借りします』第169話:温泉と仮カノ

それでは、2020年12月23日(水)発売の週刊少年マガジン2021年4・5号に収録された『彼女、お借りします』第169話:温泉と仮カノの感想や考察を語りたいと思います。

お手元に漫画を準備して読みながら見ていただくと、私はこう思う、これはこうだろうなぁなど、よりこのブログを楽しめるかと思います。

1ページで心を打ち抜くのはずるいですよ!

ベランダに椅子を置いて、その上で三角座り。
そして萌え袖気味の格好で短パン、そして両手でマグカップを持ち、和也との一件を思い出して頬を染めて「むう…」と一言。

そのシーンだけで私の心臓は撃ち抜かれてしまいました。

脈ありというか、仮の関係なのだから!!

和也は瑠夏が未成年だからと言っていましたが、まあ大学生ですし、18歳を超えていれば問題はなさそうですし、最悪、瑠夏が両親に確認してOKが出ればいいんですよ。

とはいえ、ちづるに対する嫉妬心みたいなことを言いながら、勤務中に(仮)彼氏を追い詰め、椅子に押し倒すような体制で抱きついて頭を撫でろという。
そしてメイド服。

全て自分で言っておいてお膳立てをしているのに、頭を撫でられて喜ぶのは、やっぱり瑠夏は可愛いというか、一途な子だなと思います。

まぁ、メイド服も結構際どいので、和也が意識するのは仕方がありませんねぇ。

ちなみにカラオケの照明のエロさも相まってと和也は考えていますが、その理論だと和也的にエロい店がたくさんありそうだなあと思います。

ちなみにリアルで瑠夏のように抱きつけと言わんばかりにされ、そして抱きつかれて許せと言われたら、きっと心臓は持たないと思います。

浮気じゃないけど

結局、近くの温泉に行ったわけですが、和也は気が付いたらちづるのことを考えている。
そんな状況を本人も良くないと思っている様子。

だからこそ、風呂上がりに浴衣で着飾って出てくるという奇襲みたいなことを瑠夏がしたのではないかなと思います。
こんな子と夏祭りに行きたいなぁ。

あ、くしゃみをした瑠夏に上着をかけたのは私的にも合格だと思いました。

考察って難しいよな

私の168話の考察は、書くことがないから訳のわからないことを書きました。

瑠夏と別れて家に帰り、夜になってウーパールーパーくんは『あいつ一回風呂入ったの忘れてんな』と思ってますが、まぁ夏休み明けですし、昼間は汗かくからいいんじゃないですか?

和也は早めに何かしらのけじめをつけなければと思っていたところに、ちづるからのメッセージ。

その内容が『今週の土日、どっちかヒマ?』というものでしたが、そのメッセージの意味が気になります。

私は最初のページの描写から、思い切り涙を流してすっきりしたものの、どうして和也にそんなことをしてしまったのかが分からない、そんな自分を見て和也はどう思ったのかを確認するための呼び出しなのではないかなと思っています。

和也側もちづるのことを気にしているので、これは良いチャンスなのですが、きっとお互いに様子見で終わるのではないでしょうか?

流石に2人が会っている最中に麻美が何かすることは……十分に考えられるなぁ。
例えばたまたまお手洗いとか注文とかで別れている間に、麻美がわざと和也に抱きつくみたいな。

うーん、どう転がるんだろう。

まとめ

今回は、2020年12月23日(水)発売の週刊少年マガジン2021年4・5号に収録された『彼女、お借りします』第169話:温泉と仮カノの感想や考察みたいなもの語りました。

みなさんは今回のお話を読んだ時にどう思いましたか?
ぜひコメント欄などで感想を教えていただけると、嬉しいです。




『久遠綾乃』公式 Twitterもよろしくお願いします

『久遠綾乃』公式 Twitter(@STaketatu)も絶賛更新中です。

『久遠綾乃のあっやの〜ん♪ Ver.2.0』の更新情報や、たまにですが綾乃さんの個人的な呟きもあります。

ぜひTwitterをフォローして、更新情報や呟きをチェックしてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました