【感想・考察】『彼女、お借りします』第162話:彼女と彼氏⑥

マンガ紹介・感想や考察
画像出典:TVアニメ 彼女、お借りします 公式ページより

『彼女、お借りします』第162話:彼女と彼氏⑥

それでは、2020年10月28日(水)発売の週刊少年マガジン2020年48号に収録された『彼女、お借りします』第162話:彼女と彼氏⑥の感想や考察を語りたいと思います。

お手元に漫画を準備して読みながら見ていただくと、私はこう思う、これはこうだろうなぁなど、よりこのブログを楽しめるかと思います。

カニってお高いですよね

冬が近づくと、スーパーだけでなく通販でもカニを見かける機会が増えるような気がします。

カニ一杯を丸々買いたいと思っても、そもそも値段的に手が出せなかったり、調理するまでカニ一杯を保管するスペースがないという物理的な問題があったり……。

そして仕方がなく冷凍のカニの身のセットの中で、もっとも安いものをチョイスするのですが、やはり安物は安物だと実感しながら解凍しつつも、それで満足してしまう自分。

これでいいのだろうか。

あーんなんてもうゲームの中だけですよ

恋愛アドベンチャーをよくしていると、どのゲームでも大体一回はあーんのイベントを見ます。

しかしそんなイベントは現実ではなかなか訪れないものです。
というか、レンタル彼女のサービスの中にもそんなものはないと思うので、本当にちづるの個人的な部分でやったんだろうなと。

それにしても、真夜中に食事のシーンを読んだだけでお腹が空くのはどうにかして欲しい(私は電子版で見ているので、水曜日になった瞬間からマガジンを読んでいます)。

私の財布が軽くなる瞬間は?

和也はカニ料理で財布が薄くなりましたが、私はデートをするなんて機会はそうないのです。

私の財布が薄くなる時はどんな時でしょう?

その答えは……

「ゲームを購入した時・ゲーセンに行った時」

プライズフィギュアで薄くなる時もあれば、純粋にゲームで薄くなることも。

そういえば花火してないなぁ

小さい頃は花火をしていましたが、成人になってからは花火をする機会はないなぁ。
今年こそは!と思っていても、意外と夜って忙しいんですよね。

自分のお世話で手一杯。

余談

最近はあまり見かけませんが、昔は連勝していればレンコすることなく無限にプレイしていられる台もあったものです。

格ゲーでもカードゲームでも最近は見ませんが、私はカードゲームの方で、無限プレイをしたことがあります。

そのときに、全く知らないおじさんにお前だけ何回も遊べてずるいとイチャモンをつけられた経験があります。
どうやら仕様を知らなかったようです。

……が、そのおじさんは今回でレッドカードを出された(=今までにも問題を起こしていた)らしく、出禁になったと後日教えられました。

あとはハイエナおじさんとか。
プレイ時にカードが出てくるゲームでレンコしていると必ず真後ろに並んでくる人ね。

あれの対策として友人3人で並んで全員レンコしたらめちゃめちゃブチギレてきましたね。

列に並ぶタイミングがわからないとかなんとか。
私、警備員に人が連行される姿を始めて見ました(どうやらたまたま監視カメラで見てたタイミングだったようです)。

ゲーセンって、いろんな意味で魔物が住んでいます。
お金を吸い込む魔物やダル絡みしてくる魔物。
そんな魔物がいたとしても、やっぱりいきたくなる不思議な場所です。

気になったこと

今回のお話で気になったことは、ちづるの背中です。

いや、私が背中フェチとかそういう意味ではなく、最後の部分でちづるの背中が震えていたシーンのことです。

最初は穏やかな気持ちで花火をしていたちづるですが、祖父母との思い出を思い出し、それがきっかけとなって、抑え込んでいた気持ちが出てきてしまったのでしょう。

故人をしのぶ気持ちや自分の気持ちを上手く消化できない。
そんなちづるの姿に気がついた……と思われる和也は、次回はどんな言葉をかけるのでしょうか。

まとめ

今回は、2020年10月28日(水)発売の週刊少年マガジン2020年48号に収録された『彼女、お借りします』第162話:彼女と彼氏⑥の感想や考察みたいなもの語りました。

みなさんは今回のお話を読んだ時にどう思いましたか?
ぜひコメント欄などで感想を教えていただけると、嬉しいです。




『久遠綾乃』公式 Twitterもよろしくお願いします

『久遠綾乃』公式 Twitter(@STaketatu)も絶賛更新中です。

『久遠綾乃のあっやの〜ん♪ Ver.2.0』の更新情報や、たまにですが綾乃さんの個人的な呟きもあります。

ぜひTwitterをフォローして、更新情報や呟きをチェックしてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました