【本当の自分はどこにある?】はつゆきさくら

本記事は『久遠綾乃のあっやの〜ん♪ Ver.2.0』を開設する前に運営していた旧ブログ(はてなブログ)の記事を移行・再構成したものになります。

【はぁ、夢の世界に浸りたい】

いきなり全く関係ない話なんですけど、最近、寝ても寝ても寝足りない感が凄いんですよね。本当に。この妙な疲れはどこから来るのでしょうか。助けてください。

それはそうと、今日も今日とて綾乃さんおすすめのゲーム紹介です。今回も安定の恋愛アドベンチャーゲームです。

というわけで、今回紹介するのはこちらダァぁぁぁぁぁぁ!

【初雪から桜まで卒業おめでとう。】はつゆきさくら

はつゆきさくらとは?

はつゆきさくらは2012年2月24日にSAGA PLANETSが開発、株式会社ビジュアルアーツより発売されたWindows用18禁恋愛アドベンチャーゲームです。2017年3月23日には17歳以上を対象としてPSVita版、2019年12月19日にはPS4版がエンターグラムより発売されるなどコンシューマ移植された人気作です。

携帯ゲーム機や家庭用ゲーム機のほかにもAndroidアプリ版として2018年1月26日に萌えAPPストア版が、2018年7月3日にGooglePlay版が発売され、iOSアプリ版が2018年3月16日に発売されるなど、2020年現在ではさまざまな環境で遊ぶことができます。

また2012年には角川書店より発売されている月刊コンプエースに漫画が掲載される、2013年には小説が発表されるなど、この作品の人気は多岐にわたっています。

あらすじ

進学校の白咲学園に通う主人公の河野初雪(かわのはつゆき)は不良であるにも関わらず、毎日のように学園の通う日々を過ごしていた。復讐という目的を持ちつつも復讐を果たせずにいる初雪は、卒業を間近にした高校最後の冬に、学園やアルバイト先で関わった4人の少女たちと交流するうちにその中の1人と恋仲になる。

選択肢によって恋仲になる少女やたどり着く結末が変わっていく。どのルートにたどり着くかによって、初雪自身の復讐が果たされたり、少女たちの復讐がはたされたりと変化していきます。

SAGA PLANETSゲームの特徴?

一部かもしれませんが、はつゆきさくらをはじめとするSAGA PLANETSのゲームには次のような特徴があります。

繋がりつつも独立した物語

はつゆきさくらではPrologue、各ヒロインルート、結末ルートと分かれています。Prologueは各ヒロインルートに繋がる序章にあたる物語です。各ヒロインルートは次に説明する方法で決まり、各ルートは独立しつつもPrologueと繋がる話になっています。結末ルートは、各ヒロインルートを全て巡ったのちに、主人公たちがどんなその後を過ごしたのかを示す話になっています。

各ヒロインルートが存在することで独立した物語のように感じますが、結末ルートでは、各ヒロインルートがあったからこその結末だと思えるものになっています。独立しつつもそれぞれが影響し合っている不思議な世界観を味わいましょう。

マップシステム

往年の恋愛アドベンチャーゲームと同じように選択肢によってルートが分岐する部分もありますが、どのヒロインルートに繋がるかを大きく決めるのは、定期的に現れるマップ上にあるヒロインアイコンを選択するシステムです。物語の進行具合によって選択できるヒロインであったり、物語が変化するなど、面白いシステムになっています。

またエンディングが10個、BADエンディングが存在するなどさまざまなエンディングがあるため、選択する順番が上手く楽しむポイントになることもあります。

初雪の目的は?

はつゆきさくらの物語の中軸となるのが、主人公である初雪の復讐にあります。その復讐は2つあります。

1つ目の復讐

物語が始まる10年前に、とあるホテルで爆発事件がおきた。ホテルでは祝賀会が行われており、爆発によって多数の犠牲者が出た。祝賀会には初雪の家族も参加しており、母親は即死、父親は瀕死となる。瀕死となった初雪の父は、幼い初雪に爆発が故意的に起こされたものだと擦り込み、復讐をするように促した。以降、初雪は事故の犠牲者たちの幽霊たちに取り憑かれ、幽霊の王様であるゴーストチャイルドとして、復讐を誓うようになった。

2つ目の復讐

同じく物語が始まる前、2年前のことだった。初雪はランという少女と廃ホテルで暮らしていた。悪口を言ってきたり、口うるさく注意するランを疎ましく思うこともあったが、爆発事故によって家族を亡くした初雪にとって、ランは唯一の家族とも呼べる存在であったが、コノハナサクヤと名乗る少女が現れたことによって、二人の暮らしは突如として終わりを告げる。コノハナサクヤはランの魂を狩り、その影響でランは言葉を発することのない人形になってしまった。それ以降、初雪はコノハナサクヤへの復讐も誓うこととなった。

各ヒロインの紹介

少々話が重くなってしまいましたが、続いては各ヒロインの紹介をしましょう。はつゆきさくらには5人のメインヒロインがいます。それぞれが初雪と同様に何かに対する怨恨があり、それを解決するのが主な話になります。

1、玉樹桜(たまきさくら) CV.山羽みんと

3年生の卒業間近な時期という不思議なタイミングで転校してきた少女。ネムという名のウサギとともに、ゴーストチャイルドを探してやってきた。不良と呼ばれてクラスメイトたちから避けられている初雪にも積極的に話しかけるくらいに天真爛漫な性格をしている。

2、小坂井綾(こさかいあや) CV.佐本二厘

初雪よりも1つ年上で、バイト先でともに働く少女。すでに学園を卒業しているが、受験に失敗したことから浪人生をしている。剣道の腕前が良かったり、在学中は生徒会長をするほど優秀な人物であった綾が浪人をしているのは、彼女を知る人物にとっては不思議な出来事であるが、彼女はその理由を覚えていない上に、特段気にしていない。初雪はどうやら彼女の秘密を知っているらしい。

3、あずま夜(あずまよる) CV.桐谷華

スケートサークルに所属する2年生。世界大会の代表候補になるくらい技術は高いが、過去に参加したアイスダンスの大会で起きた事故が原因で、呪いの姫と呼ばれている。自身が手に入れたあるものによって起きた事件によって初雪と関わるようになってからは、彼を警戒している。

4、東雲希(しののめのぞむ) CV.杏子御津

学園で進路指導委員長を務めている1年生。学園の不良生徒たちの進路相談が主な仕事。初雪の硬派な態度に感銘を受け、男言葉を使うようになる。初雪とは男同士の友情のようなものを育みたいと考えていたり、学園の不良たちと打ち解けてからは自信と不良たちをあわせてホワイトグラデュエーションと呼ぶなど、少しずれた部分がある。

5、シロクマ(しろくま) CV.鈴屋スイ

シロクマとはあだ名みたいなもので、本名は望月宝。初雪と綾がバイトしているカフェに現れた少女で、ロシア出身のシロクマと自称し続けている。世間知らずであったり、家の外にほとんど出たことがなかったことから、初雪たちを頼る癖がある。バイト先の店長の一存でカフェに住み込みでバイトをすることになり、綾が指導を担当している。

実は彼女は初雪の復讐に繋がる縁を持っており、彼女と深く関わると、彼の運命も大きく変化する。

オープニングテーマが感動できる!

前にも似たようなことを言った記憶がありますが、はつゆきさくらのオープニング曲もなかなかに感動できるものがあります。物語を体験する前と後で歌詞の意味が大きく変わるのも大きな特徴で、1曲で2度味わえる曲になっています。

またオープニングテーマ「HesitationSnow」を歌っているのは、ラブライブ μ’sのメンバーである絢瀬絵里役をはじめとする声優でも活躍される南條愛乃さんがボーカルを務めるfripSideです。ゲームに興味がなくても、彼女の歌声を目的に公式サイトにアクセスするのもいいかもしれません。

youtu.be

さぁ、復讐と記憶の物語の世界を楽しもう!

簡易的にですが、今回は「はつゆきさくら」を紹介しました。

主人公である初雪とそれぞれのヒロインたちが織りなす恋愛模様と復讐の物語を楽しみましょう。

商品は以下のアフェリエイトリンクを通じて購入することができますし、スマートフォンで遊びたい方も萌えAPP公式サイトから購入することができます。

ぜひ、購入して遊んでみてくださいね。







『久遠綾乃』公式 Twitterもよろしくお願いします

『久遠綾乃』公式 Twitter(@STaketatu)も絶賛更新中です。

『久遠綾乃のあっやの〜ん♪ Ver.2.0』の更新情報や、たまにですが綾乃さんの個人的な呟きもあります。

ぜひTwitterをフォローして、更新情報や呟きをチェックしてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました