【記事制作例】どっちを飼いたい?犬と猫を比べよう!

記事見本

一般的に犬は群れる動物、猫は個で生きる動物です。それぞれの特徴を覚え、犬か猫、どちらが自分に合うかを考えましょう。

1、犬の特徴

犬の最大の特徴は、高い社会性を持つことです。はるか昔、犬たちの多くが野生の動物として過ごしていた頃は、集団を作り、その中にリーダーを作ることで、群れの規律を守り、狩猟や子育てなどの日々の生活を行なっていました。

それはほとんどの犬がペットとして飼われるようになった現在でも本能として残っており、飼い主をリーダーと認めさせることができれば、喜んで従ってくれることでしょう。

2、猫の特徴

猫の最大の特徴は、犬とは違って木に登る、高いところから飛び降りるなどの運動能力です。そのため、犬とは違い、高いところから獲物を襲撃することで個々でも食糧を確保できるために、集団を作る必要があまりありませんでした。

現代のペットとなった猫たちにも本能として残っており、昼間は一人で寝る、人の見ていない隙をついて家を徘徊するなどして、人間に大してよそよそしい行動をとることがあります。

3、犬と猫の特徴を比べてみよう

犬の特徴と猫の特徴を比べたときに、人に簡単に懐くのは犬だから犬の方が飼いやすいと感じるかもしれません。しかしそれは大きな誤解で、この特徴の違いこそが犬を飼うことに向いている、猫を飼うのに向いているということを決めます。

犬は高い社会性を持つことを大きな特徴として挙げましたが、実は猫にも高い社会性があります。しかしその社会性は、縄張り意識、それぞれの独立心という意味でです。もちろん犬にも縄張り意識がありますが、それはあくまで自分たちの集団の縄張りです。そのため、人間に心を開いてくれるまでの時間は犬の方が早く、猫の方が長いです。

猫は運動能力を大きな特徴に挙げましたが、犬も高く飛ぶ、穴に潜るなどの運動能力を持つものもいます。しかしそれは人間が望むように進化していった結果です。自宅の家具配置などによっては、進化の過程で得た本能をはっきすることができない犬もいるでしょう。

4、それぞれのしつけ

まずは犬のしつけについてです。群れのリーダーに従うという特徴を持つ犬は、飼い主をリーダーであると認めれば自分に従ってくれます。また、人を喜ばせることが好きな子も多いです。そのため、飼い主がして欲しい行動をとったときに褒める、ご褒美をあげるなどをすれば、犬たちは喜び、幸せを感じるでしょう。なお、トイレのしつけについては難しいことが多く、何度も根気良く教えてあげる必要があります。

次に猫のしつけについてです。猫は個を重んじるため、犬のように褒めたりご褒美をあげたりすることでしつけをすることはできません。猫をしつけるのには高い忍耐力が必要であり、同時に一貫性が求められます。しかし、その長い時間を乗り越えれば、きちんとしつけることができるでしょう。なお、トイレのしつけは比較的容易で、一度教えれば、そこをトイレだと認識してくれることが多いです。

このように犬と猫のしつけについてあげていきましたが、犬や猫たち動物にも心があり、個性があります。それぞれの個体ごとの性格も影響することがあるので、注意しましょう。

5、あなたはどんなお部屋に住んでいますか?

犬と猫のどちらかを飼うのに迷っている場合に、今自分が住んでいる物件によって選ぶ方法もあります。

犬は広いスペースがなくても、狭い場所でも大人しく暮らすことができます。その代わりに、毎日の散歩が必要になります。もちろん広い部屋に住んでいる人でも犬を飼うことができます。広い部屋であれば、室内で小さなおもちゃを拾う遊びや軽い追いかけっこなどの軽い運動もできるので最適だと言えるでしょう。ただその場合でも、広い庭があり犬が自由に走り回ることができるなど特別な物件に住んでいない限り、毎日のお散歩は必須と言えます。。

それに対して猫は外での散歩が難しいため、室内でよく運動をさせる必要があります。そこまで広いへやに住む必要はありませんが、ネズミのようなおもちゃを追いかける、高いキャットタワーに上り下りさせるなどが必要になるため、自分の生活に必要なものを置くスペース以外に、それらを設置するスペースが必要になります。また、窓をよく開ける人は脱走の原因となるため、脱走を防ぐための対策を取らなければなりません。

6、あなたに当てはまるのはどちら?

これまでに書いてきた特徴をまとめると、犬は短期間で仲良くなりたい人、毎日運動することのできるアクティブな人が向いていると言えるでしょう。また猫の場合は、忍耐強く猫と接することができ、猫たちの遊び場を確保することのできる人に向いていると言えるでしょう。

しかし、最終的決めるのはあなた自身です。犬が合う人、猫が合う人のどちらかに特徴が当てはまっていたとしても、相性の問題があります。犬や猫たちとは、ペットショップやブリーダーさんのところ、保健所などさまざまな場所で出会うことができます。どの場所で過ごす犬や猫たちにも人と同じように個性があります。心があります。見た目の可愛さや自分がどちら向きかの人かだけを気にせず、飼うことを決める前にそれぞれの犬、猫たちとしっかりと向き合って、自分と相性の合いそうな方を飼うことが、人と犬、人と猫のそれぞれが幸せな一生を過ごす第一歩となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました